スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
君はほら一人じゃない
2013-11-18 Mon 20:00
えー・・・・お待たせしました。

例のエロゲ、無事にフルコンプをしまして。

お風呂の中でも食事中でも、色々と考えてました。

どんな感じにまとめるか・・・ですよ?

常にエロいことを考えてたワケじゃないですからね?

わたし、どんだけエロい人と思われてんだろうか・・・(;゚д゚)ゴクリ…





さて、そんなワケで、興味のある方のみクリックをどうぞ。





Riddle GardenRiddle Garden
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る



主人公である女の子は外の世界を全く知らない とある城のお嬢様。

高い塀に囲まれたこの場所が彼女の世界の全てでした。

彼女には家族がいない。いるのは執事と家庭教師、そして使用人だけ。

自分の置かれている環境にすら疑問を持たず、ただただ毎日を過ごす。

何不自由なく暮らし、それが当たり前だと思っていた。


とある嵐の夜。

その城に男性5人が訪ねてくる。彼女に選ばれる為に。

そして本来なら屋敷に来るはずだった1人が暴漢に襲われ来れなくなったという。

招待客の予定人数は5人。その場には既に5人集まっていた。

つまり、その中に「招かれざる客」がいる。

正体がわからないまま彼らとの生活が始まる。



っていうお話。

何故、彼らが城にきたかっつうと、まあ早い話が婿選び。

城を出なくちゃいけなくなりまして(理由は教えてもらえない)

まあ、1人じゃあれなんで婿と一緒なら幸せでしょ?ってな感じ。

でもさ、今まで男性なんて執事や使用人しか見たことなかったし

そんなん、いきなりビックリするよねぇ・・・。

そのぐらい主人公は純真無垢な子なんだけど。





さて、このゲーム、エンディングが1人5~6くらいありまして。

すべてやり込むのに時間かかりました。

選択が結構シビアでさ、攻略見ながらプレイしたんですけどね。

2択しかないから余計に悩むっていうか。

そして、心を開くモードと閉じるモード、それぞれのベストEDがある。

ここだけの話なんだけど、わたしさ、この開く閉じるのモードを

心=股だと思ってて、ひどい勘違いをしてました(最低)

要するに彼らに心を開くか、それとも閉じたままかってことなんだよね。

決して股のことではありませんでした。つまりどっちにもエロシーンはあった。





さて、簡単ですがキャラ紹介&感想いきますね。

ネタバレをしてはおりませんが、エロシーンの感想は書いてます。


~慈しむ者~ エリック・アンダーソン(CV:沖野靖広)

主人公の執事。物静かで穏やかな性格。

彼女のお兄さんみたいな・・・一番近い存在っていうか。

でも叱る時は叱るんですよ。それがいい。

声も穏やかで執事適任でした。

彼を選ぶのは禁断の道。身分違いだからね。

なので、エロモードにはなかなかならず焦らされましたね。

わたし、彼を最初にプレイしたので、失敗したなーって思いました。

彼はやっぱり最後じゃないかと。

すごく切なくてね・・・彼の葛藤が・・・

だもんで、エロシーンがさ、すっごいです。濃いっていうか・・・

やらしいっていうか・・・口調が堪んなかった。

時々、口調が執事じゃなくなるフェイント攻撃にやられました。



~連れ出したい者~ キース・ランバート(CV:大石恵三)

貴族の大富豪。見た目はスマートで王子様って感じかな。

優しく甘い言葉で囁く彼は女性扱いに慣れてる感じ。

彼の囁きはホントに不意打ちで思わず「ガハッ」とか「ゴフッ」って

なりました。エロシーンはなんつうかダントツで長かったと思います。

吐息がぱねぇの。そして意外とイジワル。あと無駄にエロい。

王子だからあっちも王子かと思ってたら外でプレイとか・・!!

えええええええええ!?ってビックリした。

ルートによっては、酔ってあれをあれしろとお願いされるのもあったし。

この人、ホントに貴族で王子かよ!?って思いました、ええ。

彼のEDは、すべてのフラグを回収してくれる話ばかりなので、後半にプレイ

することをオススメしますね。主人公の秘密が暴かれる話かな。

彼はホントに王子様でしたね、色んな意味で。



~疑う者~ オーランド・レイ(CV:小次郎)

位の高い軍人。見た目、顎鬚があっておっさん。

豪快なイメージとは違って意外と紳士だし、無邪気な一面も。

気さくに彼女に接してくれるし、優しいし。

結構やられた感がありました。

顎鬚はチクチクしてイヤーんって思ってたんですけど

ルートによっては彼が髭を剃ったバージョンもありまして。

それはそれで新鮮でした。

エロはね、うん、大人なエロだったなあ。リードが上手いっていうか。

「イケよ・・・・・ほら、イケって・・」みたいなセリフがあったんですが

コーヒーふいたよね。なんかキました、ええ。

ルートによってはね、3ピィィィィとかもあるんですけどね。

これがBAD EDってどうなの!?って驚きました。



~欲しい者~ フィル・マーティン(CV:コシヒカル)

貴族の割に見た目がすごく地味で質素な服装の彼。

ぶっきらぼうで素っ気ない。いつも不機嫌で偉そうに話す。

何を考えてるか分かんない。

彼の声は、わたし大好きでして。彼の為にこのゲームを買ったんです。

ええ、期待を裏切りませんでしたね、さすがです。

本当に面倒くさく話す抑揚のない声に主人公じゃねぇけど、わたしも

振り回されたわ。エロボイスはガラリと変わってふいたけども。

彼のルートは招かれざる客についてもあまりふれられることがなく

怪しまれるのは誰でも同じなので、別話みたいな感じでしたね。

ベストEDのエロシーンは本当に素晴らしかったです。

マジ、ありがとう!たtt・・・おっと、やべぇやべぇ。



~知りたい者~ ブラッドリー・アルマンド(CV:獅子晴戸)

異国風な見た目で彼は自分の出生を語ろうとしない。

丁寧な言葉遣いをし、穏やかでいつも落ち着いてる。

極度の方向音痴で城の中をよく迷子になってる。

全キャラの中で一番紳士で普通だったかと思います。

ミステリアスな感じなのに、物腰がやわらかく、言葉遣いが丁寧で。

わたしは結構好きでした。

エロシーンに関しても紳士というか・・・あー、彼もするんだって思いました。

いや、これで彼だけしないってのもおかしいけど、しない人がいるとすれば

彼だろうと思うくらい落ち着いてるから・・・。

後半のストーリーに驚くと思います。あと納得すると思う。

そして彼が使用してる桜の香水、わたしも欲しいと思いました。



~守りたい者~ アゼル・リプソン(CV:かとういつき)

飄々としてて、いつも笑ってる。

子犬っぽい見た目なのに、意外と小悪魔でしかも気まぐれ。

主人公に自分を選ぶなって言うんですよ。え、おかしくね?

招待されたんでしょ?婿候補に入ってるんでしょ?

何この子。何なの?から入りまして。

全キャラの中で一番ないなーって思ってたんですけどね。

わたし、彼が一番でした。やられた。ギャップに。ストーリーに。

そして、目が腫れるほど泣きました。

わたしね、ホントにこういう話ダメなんですよ。

また自分にかぶるところがあって・・・きた・・・。

彼の過去といつも笑顔だった理由とか拒否った理由とか。

笑顔で過ごしたあの期間がホントにもう・・・

あかん、これ以上はネタバレになる。

エロはちょっとねちっこい感じがしましたけどね、

うん、あれは彼の性格ゆえなんだろうね、分かります。

でも、すごく大切に扱ってくれるあの感じが好きでした。

何遍も何遍も「好き」「大好き」って言われて・・・

あ、いけね。彼だけ贔屓してる。割愛します(*´σー`)エヘヘ




正直、誰が一番って甲乙つけがたいんですよね。

彼は見た目が好き。彼のエロシーンが好き。彼のストーリーがいい。

って感じでそれぞれがいいし、惜しい。

でも一番にするならアゼルだろうな。あの突然の低音ボイスには魔物がいると思う。


そして何より飽きさせないストーリーが良かったです。

例えば、招かれざる客が分かっても、その彼のルートの中に新しい謎が生まれる。

そんな感じで、誰からプレイしても謎が生まれるようになってるんですよ。


オススメ攻略順を教えてと言われれば。

ブラッドリー→オーランド→アゼル→フィル→キース→エリック

かなあ。悩みに悩んで、このルートがベストではないでしょうか。

エロシーンを堪能する順も若干考慮してあります。

エリックを最初にしてもいいかもしれないけど、わたし的には

キースの後がいいと思うし、エロシーンが濃厚なので、一番普通な

ブラッドリーをプレイするのがいいと思うんですよ。


キースをプレイした時点ですべての謎が明かされ、主人公の秘密も分かる。

そして最後にエリックをプレイして鍵の謎を解くのがいいかなと。

BAD EDの中には病んでるもののありますが、それほど強くないし

このゲームはホントにもっと早くプレイしたかったなと思いました。


でも、今プレイしたからアゼルが一番だったんだろうなと思う。

なので、これはこれで良かったと思ってみたり。



とまあ、こんな感じで久しぶりにエロゲを堪能しました。

やー、エロゲってホントに素晴らしいですね!

なんていうかさ、全年齢対象とかR12、15にはないのよ。

話が大人っぽいし、駆け引きなんかもよくてさ。

葛藤とか悲恋とかノーマルな乙女ゲーにはないアレがね。

すごくいいの。エロシーンは付録みたいな感じ。

いやいや、ホントに。おまけでいいと思うの。

一度プレイすると火がつきそうですが、暫くいいかな。

余韻を楽しみたいわ。



ここまでお読みくださって、ありがとうございました。

また何かあったらレポ書きますねー(´▽`)ノシ










別窓 | ゲーム話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そんなときは この歌を思い出してほしい… | 今日も萌えてる? | “これから君が出逢う その全て輝きに溢れますように”>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 今日も萌えてる? |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。